コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レニエ レニエ Régnier, Henri (François Joseph) de

7件 の用語解説(レニエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レニエ
レニエ
Régnier, Henri (François Joseph) de

[生]1864.12.28. カルバドスオンフルール
[没]1936.5.23. パリ
フランスの詩人,小説家。初めマラルメに師事,のち高踏派の影響を受け (1896年エレディアの娘と結婚) ,柔軟な詩法を駆使し,優美で諧調に満ちた抒情詩を完成させた。詩集『古風でロマネスクな詩集』 Poèmes anciens et romanesques (90) ,『田園の聖なる遊び』 Les Jeux rustiques et divins (97) ,『粘土のメダル』 Médailles d'argile (1900) ,『水の都』 La Cité des eaux (02) ,『翼あるサンダル』 La Sandale ailée (06) ,『焔の跡』 Vestigia flammae (21) ,小説『真夜中の結婚』 Le Mariage de minuit (03) ,『おとなしい青年の休暇』 Les Vacances d'un jeune homme sage (03) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レニエ
レニエ
Régnier, Mathurin

[生]1573.12.21. シャルトル
[没]1613.10.22. ルーアン
フランスの風刺詩人。 P.デポルトの甥。その生涯はさまざまな伝説的逸話に包まれ判然としない部分が多い。ビヨンベルレーヌの中間に位置するというべき自由闊達,不羈奔放の放蕩詩人。マレルブの詩論に反対し,詩は規則に拘束されることなしに各自の自由な発想に従うべきであると主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レニエ(Henri de Régnier)

[1864~1936]フランスの詩人・小説家。高踏派から象徴派に進み、典雅な詩風を確立。のち、新古典主義へ移行した。詩集「夢の如く」「水の都」、小説「生きている過去」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レニエ

フランスの詩人,小説家。ルコント・ド・リールに師事し,高踏派の詩人として出発したが,マラルメの影響下に象徴派(象徴主義)に移る。さらに《夢の如く》などののち新古典主義に移行し,代表作《粘土のメダル》(1900年),《水の都》(1902年)などの詩集を残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レニエ【Henri de Régnier】

1864‐1936
フランスの詩人,小説家。貴族の末裔の彼は外交官志望を断念したのちに,詩作に転じた。高踏派の頭目ルコント・ド・リールに師事し,エレディヤを岳父として造形美術的な詩法を学び,マラルメの火曜会の重要メンバーとなって音楽的な詩法を会得した。したがって,彼の詩風は高踏派と象徴主義派の混交である。そして終局は一種の新古典主義へと移行している。主として《メルキュール・ド・フランス》誌を活動の舞台とした彼は,多くの詩や小説を書いた。

レニエ【Mathurin Régnier】

1573‐1613
17世紀のフランスの風刺詩人。デポルトの甥にあたる。風刺詩第1~第9までの《初期作品集》(1608),翌年作品2編を加えて《レニエ風刺詩集》を刊行,ほかに5編の風刺詩がある。ラテン詩人やイタリアのL.アリオスト,F.ベルニの風刺詩に学び,俗な世相の描写から人間の心の真実の描写へとつながる,すぐれた観察眼,批判精神を示した。思想的には後期人文主義者,とくにモンテーニュを受けつぎ,人間の弱さ,はかなさをみつめ,文学的には伯父デボルトらの穏健かつ上品なフランス語観を受けつぐとともに,ロンサール的な発想の飛躍を尊重する考え方を支持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レニエ【Henri de Régnier】

1864~1936) フランス象徴派の詩人・小説家。甘美で高雅な作風を示す。詩集「粘土のメダル」「水の都」、小説「ある青年の休暇」「燃え上がる青春」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レニエの関連キーワードサンサルバドル島バルバドスカルバドスサルバドールサルバドル/遥かなる日々バルバドススグリバルバドスチェリーバルバドス土バルバドスアロエバルバドス労働党

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レニエの関連情報