コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワインバーグ=サラムの理論 ワインバーグ=サラムのりろんWeinberg-Salam theory

2件 の用語解説(ワインバーグ=サラムの理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワインバーグ=サラムの理論
ワインバーグ=サラムのりろん
Weinberg-Salam theory

S.ワインバーグ (1967) と A.サラム (1968) が提案した電磁相互作用弱い相互作用統一理論。2種類の荷電ベクトル中間子 W+,W- と2種類の中性ベクトル中間子をゲージボソンとして導入することにより,ニつの相互作用を統一的に記述するくりこみ可能な (非可換) ゲージ場場の量子論

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワインバーグサラムのりろん【ワインバーグ=サラムの理論】

電磁相互作用と中性カレントを含む弱い相互作用との統一理論。アメリカワインバーグSteven Weinberg(1933‐ )とパキスタンサラムAbdus Salam(1926‐96)によって独立に提案(ワインバーグは1967年,サラム68年)されたものであるが,その後,アメリカのグラショーSheldon Lee Glashow(1932‐ )による貢献が大きく,ワインバーグ=サラム=グラショーの理論とも呼ばれる(この3人は1979ノーベル物理学賞を受賞)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のワインバーグ=サラムの理論の言及

【素粒子】より

…この力は非常に短距離で作用し,また陽子を中性子にかえる働きをする。電磁気力と弱い力とは一見まったく異なった力のように見えるが,実は両方の力の源は同じであるという統一理論がS.ワインバーグとA.サラムによって提唱(ワインバーグ=サラムの理論)され,実験による検証も得られて大きな成功を収めた。最後の力は〈強い力〉(強い相互作用)と呼ばれるもので,π中間子が陽子と中性子,あるいは陽子と陽子の間に交換されて生ずる核力がこれである。…

※「ワインバーグ=サラムの理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ワインバーグ=サラムの理論の関連キーワードヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型アジアカップ恵庭事件北欧映画カーターソユーズドヌーブビアフラ戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone