ワピチ(英語表記)Cervus canadensis; wapiti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワピチ
Cervus canadensis; wapiti

偶蹄目シカ科。オオジカ,あるいはアメリカではエルクとも呼ばれる。大型のシカの1種で,体長2~2.5m,体高 1.5m内外。体重は 300kg内外であるが,500kgに達するものもある。体は灰色がかった褐色で,尻の部分は黄色を帯びた白色。 1.5mをこす大きな7尖の角をもつ。群れをつくり,早朝,夕刻に活動し,草,木の葉などを主食とする。カナダ南部から北アメリカにかけて分布し,森林地帯にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワピチ(wapiti)

シカ科の哺乳類。大形で肩高約1.4メートルに達し、角も大きく、5本以上の枝角がある。夏毛は黄褐色、冬毛は灰褐色になるが、顔・首と四肢は暗褐色。北アメリカ北部とアジア北東部に分布。おおじか。エルク。ウォピチ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ワピチ【wapiti】

アカシカにごく近縁な大型のシカ。偶蹄目シカ科の哺乳類。キジリジカともいう。北アメリカから北東アジアに分布し,ヨーロッパから西アジアに分布するアカシカと同一種とされることもある。体長200~275cm,尾長8~20cm,肩高1.6m,体重250~450kg。体はアカシカより大型だが尾はやや短い。角は雄にだけあり,非常に大きく,5本以上の枝があり,長さは大きなものでは165cmにもなる。ふつう夏毛では背面と四肢は黄褐色,あごと腹面は黒褐色で,冬毛は淡い灰褐色となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワピチ
わぴち
wapitiAmerican elk
[学]Cervus canadensis

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。大形のシカでオオジカともよばれる。北アメリカ北西部、カナダ、中国東北部、甘粛(かんしゅく)省、天山(てんざん)山脈、モンゴルと分布は広い。体長180~240センチメートル、肩高130~140センチメートル、体重188~500キログラムに達する。夏毛は黄褐色で、顔、四肢、頸部(けいぶ)は暗褐色。尾の周りに白っぽい大きな斑(はん)がある。冬毛は長い上毛と縮れた下毛からなり、灰褐色で、顔、四肢、頸部は暗褐色となる。発情期は秋で、この時期にはハレム形式となるが、冬季は雌雄混合の大群となり、春季には群れは分かれて、雄群と、雌と子の数十頭の群れとなる。早朝、夕刻に採食し、夏は涼しい山地に、冬は低地に移動する。時速46キロメートルほどのスピードをもち、水泳も巧みである。天敵はピューマ、オオカミ、ハイイログマ、コヨーテ、オオヤマネコなどである。5~6月に1~2子を産む。妊娠期間249~262日。寿命15~20年。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android