コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七宗[町] しちそう

3件 の用語解説(七宗[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

七宗[町]【しちそう】

七宗(ひちそう)[町]

七宗[町]【ひちそう】

岐阜県中南部,加茂郡の町。〈しちそう〉とも。町の南部を飛騨川がほぼ東西に流れる。山林原野が広い面積を占め,林業,米作のほか,シイタケ,茶の栽培などが行われる飛騨川沿いに高山本線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひちそう【七宗[町]】

岐阜県中南部,加茂郡の町。人口5748(1995)。飛驒川中流に位置し,大部分は飛驒高地に連なる山地である。飛驒川に並行して国道41号線と高山本線が通じる。河川沿いに集落が点在し,町の中心は飛驒川と支流神淵(かぶち)川の合流点付近にある。米作,茶やコンニャク栽培を営む兼業農家が大半を占める。上麻生駅から白川口駅にかけての飛驒川渓谷は岩石景観にすぐれた飛水峡の景勝地で,甌穴(おうけつ)群(天)があり,飛驒木曾川国定公園に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone