コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇想天外 キソウテンガイ

4件 の用語解説(奇想天外の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きそう‐てんがい〔キサウテングワイ〕【奇想天外】

[名・形動]《「奇想天外より落つ」から》普通では考えつかないほど、奇抜であること。また、そのさま。「奇想天外な発想」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

奇想天外

日本のSF雑誌。1974年、盛光社により創刊。同年10月に休刊したのち、1975年に設立された奇想天外社により、1976年復刊。奇想天外SF新人賞を主催し、新井素子、牧野修らを輩出。1981年休刊。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の奇想天外の言及

【ウェルウィッチア】より

マオウグネツムとともに裸子植物群中の1群グネツム綱をなし,二次木部に道管があり,花被のある花をもち,それに胚珠が包まれるという一種の被子性を示すので,原生被子植物と呼ばれることもある。珍奇な植物として有名で,奇想天外と呼ばれた。時に観賞用に栽培されるが,原産地では厳重な保護の対象となっている。…

※「奇想天外」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奇想天外の関連情報