三条(市)(読み)さんじょう

  • 三条

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潟県の中央部、信濃(しなの)川と五十嵐(いからし)川の合流点にある市。金物の町として知られる。1934年(昭和9)市制施行。1951年井栗(いぐり)村、1954年本成寺(ほんじょうじ)村、大崎村、1955年大島村を編入して、三南地方の中心都市となる。2005年(平成17)南蒲原(みなみかんばら)郡下田村(しただむら)、栄町(さかえまち)を合併。信濃川三角州の州頂を占め、本流の信濃川、中ノ口川、西川の分岐点にあたる州島(すじま)開発の拠点である。JR信越本線と弥彦線(やひこせん)の分岐点にあたり、上越新幹線駅(燕(つばめ)三条駅)、北陸自動車道の三条燕インターチェンジ、国道8号、289号、290号、403号などの交差する交通上の要衝で、古くは河川交通の河岸場(かしば)町としても栄えた。山麓(さんろく)の五十嵐川扇状地面は古くは「勇礼郷(いぐれごう)」「大槻庄(おおつきのしょう)」などとよばれた古村で、式内社伊久礼(いぐれ)神社や槻田(つきた)神社も残る。中世、上杉氏の時代には三条長尾氏の重臣の居城が置かれた。近世初期は堀氏の下越(かえつ)支配の前進基地として、堀直政(なおまさ)の5万石の城下町となる。1618年(元和4)徳川氏の譜代(ふだい)大名牧野氏が長岡城に配置され、のち三条城は廃城となった。以後、村上藩、新発田(しばた)藩などの分轄統治となり、町も六斎(ろくさい)市場町、金物町にかわった。有名な金物の町としての発生は、1720年(享保5)ごろから釘鍛冶(くぎかじ)、農具鍛冶から始まり、幕末には大工道具、日用刃物、家庭金物などの日本有数の金物町に発展した。とくに三条は金物行商に力が注がれ金物卸問屋町として、行商で販路を広げた。零細鍛冶工場が多く、年産2642億円(1996)を超える工業出荷額の30.3%は金物で、海外輸出も盛んである。三条祭の大名行列や、凧合戦(たこがっせん)が名物で、三条古城跡、法華(ほっけ)宗総本山本成寺、真宗大谷派別院などの名所旧跡も多い。面積431.97平方キロメートル、人口9万9192(2015)。[山崎久雄]
『渡辺行一著『三条の歴史』(1966・野島出版) ▽『三条市史』上下(1978、1983・三条市) ▽『三条市史資料編』(1982・三条市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三条(市)の関連情報