コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中世法 ちゅうせいほう

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうせいほう【中世法】

日本ではおよそ11~12世紀から16世紀までの間に現れた国家法および個別の団体法の総体をいう。
【中世法の形成】
 11~12世紀ごろ,古代国家が解体し,代わって王朝国家が姿を現すと,形骸化した律令法に代わる新しい法体系が成長して,王朝国家を支えることとなる。公家法とよばれるものがそれである。ただ公家法は,律令法のように大規模な法典の制定によって一気にその骨格ができ上がったのではなく,律令法に対する部分的改廃や新しい解釈による実的な修正などによって,律令法を空洞化し,漸次新しい根を張っていく長い過程を経て,形成されたのであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中世法の関連キーワードビノグラドフ(Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff)ベロー(Georg von Below)ポール ビノグラドフ朝倉敏景十七箇条ゲオルグ ベローアックルシウス朝倉孝景条々建武以来追加今川仮名目録宇都宮家式条プラクネット板倉氏新式目宗像氏事書ブルンナー沙汰未練書結城家法度御成敗式目相良氏法度大内家壁書吉川氏掟書

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android