コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色[温泉] ごしき

2件 の用語解説(五色[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五色[温泉]【ごしき】

山形県米沢市板谷,吾妻火山や家形山に続く高倉山の中腹にある温泉。奈良時代に役小角(えんのおづぬ)が発見したとも,戦国期に上杉氏の家臣がここで奇病を治したともいう。
→関連項目米沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごしき【五色[温泉]】

山形県南東部,米沢市南東部にある温泉。吾妻連峰の北東麓中腹,奥羽本線板谷駅の南西約2.5kmに位置する一軒宿の温泉場である。7世紀後半に役行者(えんのぎようじや)が発見したと伝えられる。泉質は重曹泉で,泉温40~45℃。上杉藩の重臣直江兼続の奇病が治った霊湯といわれ,また子宝の湯として知られている。創傷,やけど,皮膚搔痒(そうよう)症,不妊症などに効用があるという。明治末期にオーストリア人によって開かれた古いスキー場があり,付近には1849年(嘉永2)に発見された新五色温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五色[温泉]の関連キーワード赤倉温泉板谷峠勝浦温泉蔵王温泉地獄谷温泉五色温泉尾花沢上山備前米沢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone