コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科神明宮 にしなしんめいぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁科神明宮
にしなしんめいぐう

長野県大町市にある神社。伊勢神宮の仁科御厨 (みくりや) 鎮護のため,平安時代後期にアマテラスオオミカミを勧請して創立。社殿は近世初期まで式年造替が行われ,現在の社殿は寛永 13 (1636) 年の建造。伊勢神宮正殿の形式をよく伝えており,神明造最古の遺構で本殿は国宝。永和2 (1376) 年以降の造替の棟札 27枚が全部保存されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

仁科神明宮

長野県大町市にある神社。創祀不明。祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)。1636年造営の本殿は国内最古の神明造で国宝に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしなしんめいぐう【仁科神明宮】

長野県大町市南郊の宮山山麓に鎮座。同地は平安中期11世紀半ばから伊勢神宮内宮の御厨(みくりや)とされ,同時に天照大神を勧請して神明宮が建てられたと考えられる。そのため社殿,社殿配置とも伊勢内宮の様式をとり入れ,20年目ごとの式年造替の慣行を保持していた。本殿は神明造で,屋根は茅葺きでなく檜皮(ひわだ)葺きとするが,棟持(むなもち)柱を建て,破風板を上にのばして千木(ちぎ)とし,棟上に堅魚木(かつおぎ)を置き,破風板に鞭懸(むちかけ)を打つなど古式な特徴をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の仁科神明宮の言及

【大町[市]】より

…人口3万1020(1995)。中世の豪族仁科氏の居城があったことから,仁科神明宮(本殿,中門,釣屋は国宝),若一王子(にやくいちおうじ)神社(重要文化財)をはじめ文化財が多く,仁科氏文化圏の中心とされる。江戸時代の大町は糸魚川(千国(ちくに))街道に沿い,北方の姫川渓谷と南方の盆地平たん部との接点にあたるため市場町として発展した。…

※「仁科神明宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁科神明宮の関連情報