分相応(読み)ぶんそうおう

精選版 日本国語大辞典「分相応」の解説

ぶん‐そうおう ‥サウオウ【分相応】

〘名〙 (形動) 身分能力相応していること。ふさわしいこと。つりあっていること。また、そのさま。
談義本・教訓雑長持(1752)三「なんぼ銭金沢山でも、振廻(ふるまい)にも、分相応(ブンサウオウ)な程々がありそふなもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「分相応」の解説

ぶん‐そうおう〔‐サウオウ〕【分相応】

[名・形動]その人の身分や能力にふさわしいこと。また、そのさま。応分。「分相応な(の)生活をする」
[類語]相応応分対応相当適当適切適正適確至当妥当穏当好適適合合致即応正当順当ぴったりそれなりころ合い程合い手頃てごろ適う適する合う沿うそぐう当てはまる当を得る値する見合う似合う兼ね合い均衡平衡バランスマッチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android