コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別れ/散れ アカレ

デジタル大辞泉の解説

あかれ【別れ/散れ】

集まっていた人々が、あちこちにわかれ散ること。散会。
「弘徽殿(こきでん)の御―ならむ、と見給へつる」〈・花宴〉
所属するもの。分(ぶん)。
「桜萌黄(さくらもえぎ)などは、女院の御―」〈増鏡・老のなみ〉

わかれ【別れ】

別れること。互いに離れて別々になること。別離。「友との別れを惜しむ」「別れの日を迎える」「別れの杯」
別離のあいさつ。いとまごい。「故郷に別れを告げる」「別れの言葉」
死に別れ。死別。「永(なが)の別れ
「世の中にさらぬ―のなくもがな千世もと祈る人の子のため」〈伊勢・八四〉
立ち去るにあたって、心付けとして与える金銭。
「―に七百くだんせ」〈滑・膝栗毛・五〉
[補説]書名別項。→別れ
[下接語]暁の別れ生き別れ扇の別れ更衣(きさらぎ)の別れ食い別れ喧嘩(けんか)別れ子別れ逆さ別れ四鳥(しちょう)の別れ死に別れ終(つい)の別れ永の別れ泣き別れ夫婦別れ物別れ行き別れ別れ別れ

わかれ【別れ】[書名]

《原題、〈ドイツAbschied》ドイツの詩人、ベッヒャーによる自伝小説。著者がソ連に亡命していた1940年に刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

別れ/散れの関連キーワード永久の別れ今生の別れ縒りを戻す逆様の別れ名残惜しい離宴・離筵別杯・別盃一期の別れ離杯・離盃常の別れ暇を乞う立別れる長き別れ形見の櫛名残の杯名残の宴別れ際偲ぶ会草鞋酒暇乞い

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android