コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別れ/散れ アカレ

3件 の用語解説(別れ/散れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかれ【別れ/散れ】

集まっていた人々が、あちこちにわかれ散ること。散会。
「弘徽殿(こきでん)の御―ならむ、と見給へつる」〈・花宴〉
所属するもの。分(ぶん)。
「桜萌黄(さくらもえぎ)などは、女院の御―」〈増鏡・老のなみ〉

わかれ【別れ】

別れること。互いに離れて別々になること。別離。「友との別れを惜しむ」「別れの日を迎える」「別れの杯」
別離のあいさつ。いとまごい。「故郷に別れを告げる」「別れの言葉」
死に別れ。死別。「永(なが)の別れ
「世の中にさらぬ―のなくもがな千世もと祈る人の子のため」〈伊勢・八四〉
立ち去るにあたって、心付けとして与える金銭。
「―に七百くだんせ」〈滑・膝栗毛・五〉
[補説]書名別項。→別れ
[下接語]暁の別れ生き別れ扇の別れ更衣(きさらぎ)の別れ食い別れ喧嘩(けんか)別れ子別れ逆さ別れ四鳥(しちょう)の別れ死に別れ終(つい)の別れ永の別れ泣き別れ夫婦別れ物別れ行き別れ別れ別れ

わかれ【別れ】[書名]

《原題、〈ドイツAbschied》ドイツの詩人、ベッヒャーによる自伝的小説。著者がソ連に亡命していた1940年に刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別れ/散れの関連キーワード別れ別れ離れ離れ袖の別れ余所余所離散別れる切離れ立別れる派別行別れる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone