コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千倉[町] ちくら

百科事典マイペディアの解説

千倉[町]【ちくら】

千葉県南部,太平洋に面する安房(あわ)郡の旧町。山林が多い。千倉平館(へだて),白間津の漁港がある。稲作畑作も行う。観光地化が進んでいる。内房線が通じる。海岸は南房総国定公園に属し,鉱泉が湧出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくら【千倉[町]】

千葉県南部,太平洋に臨む安房(あわ)郡の町。人口1万3676(1995)。町域の大部分は丘陵で,海岸近くまで丘陵が迫り,海岸段丘,岩石海岸を形成する。戦国時代から安房七浦と呼ばれた漁村地帯で,千倉港をはじめ大小八つの漁港があり,サバ,サンマ漁を中心とする沖合漁業が盛ん。海女による潜水漁業も行われ,アワビ,サザエ,イセエビなどを採取する。海岸段丘上では温暖な気候をいかして冬季も花卉の露地栽培が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千倉[町]の関連情報