南島[町](読み)なんとう

世界大百科事典 第2版の解説

なんとう【南島[町]】

三重県中央南部,度会(わたらい)郡の町。人口8657(1995)。紀伊山地南東端の山地が海岸線に迫り,南はリアス海岸をなして熊野灘に面し,贄(にえ)神前(かみさき)湾などが湾入する。全体が山がちで,大部分が常緑広葉樹自然林で覆われている。古くは伊勢神宮の神戸や御厨(みくりや)が置かれていた。沿岸部には平家の落人が開いた隠田集落と伝えられるところがあり,製塩を業とし,地名に竈(かま)のつく八つの集落が〈南島八ヵ竈〉と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android