コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(1世) よしだぶんざぶろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田文三郎(1世)
よしだぶんざぶろう[いっせい]

[生]?
[没]宝暦10(1760)
人形遣い。幼名八之助。竹本座の立役遣い吉田三郎兵衛の子。享保2 (1717) 年『国性爺後日合戦』に,国性爺の子経錦舎を遣い好評。享保後期には竹本座の中心的存在となった。同 19年三人遣いを発明してから演技に一層写実味を加えるとともに,演出面にもすぐれ,『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』などの主役を初演延享寛延年間 (44~51) 人形浄瑠璃全盛時代の立役者となり,その演出は今日まで伝えられている。寛延1 (48) 年『忠臣蔵』初演のとき座頭格の竹本此太夫と対立し,此太夫を竹本座から退座させた事件は有名。宝暦1 (51) 年から作者を兼ね (作者名は吉田冠子) ,『恋女房染分手綱』などを合作。生涯に5回独立を企てて失敗,同9年竹本座を退座,翌年没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

吉田文三郎(1世)の関連キーワード人形遣い

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android