コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文三郎(1世) よしだぶんざぶろういっせい

1件 の用語解説(吉田文三郎(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田文三郎(1世)
よしだぶんざぶろういっせい

[生]?
[没]宝暦10(1760)
人形遣い。幼名八之助。竹本座の立役遣い吉田三郎兵衛の子。享保2 (1717) 年『国性爺後日合戦』に,国性爺の子経錦舎を遣い好評。享保後期には竹本座の中心的存在となった。同 19年三人遣いを発明してから演技に一層写実味を加えるとともに,演出面にもすぐれ,『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』などの主役を初演,延享~寛延年間 (44~51) 人形浄瑠璃全盛時代の立役者となり,その演出は今日まで伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田文三郎(1世)の関連キーワード木村了琢N没・歿勃・歿・没井筒屋庄兵衛(4代)岩倉恒具宇田川道紀大橋重雅宋紫岩大山白藤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone