コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆/歎 タン

デジタル大辞泉の解説

たん【嘆/×歎】

なげくこと。ため息をつくこと。「髀肉(ひにく)の―」「慨世(がいせい)の―」
心を強く動かされること。感心すること。

たん【嘆】[漢字項目]

常用漢字] [音]タン(呉)(漢) [訓]なげく なげかわしい
悲しんで、はあとため息をつく。なげく。「嘆願嘆声嘆息慨嘆嗟嘆(さたん)愁嘆長嘆痛嘆悲嘆
感じ入ってため息をつく。ほめる。「嘆賞詠嘆感嘆驚嘆賛嘆賞嘆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

嘆/歎の関連キーワード木静かならんと欲すれども風止まず樹静かならんと欲すれども風止まず孝行のしたい時分に親は無し子養わんと欲すれど親待たずサウンダリヤ・ラハリー嘆かし・歎かし髀肉をかこつ破鏡の嘆き髀肉・脾肉風樹の嘆三帖和讃多宝如来麦秀の歌菩提講虞美人楽府題金聖嘆ため息嘆かふ鵼子鳥

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android