コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田荘 とみたのしょう

4件 の用語解説(富田荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富田荘【とみたのしょう】

尾張国海東(かいとう)郡の荘園。〈とだ〉ともいい〈戸田〉とも書く。現名古屋市中川区富田町を中心にした庄内川下流域にあった。11世紀末の成立。一部姉小路家領を除いて近衛家領。

富田荘【とみだのしょう】

阿波国名東(みょうどう)郡の荘園。現徳島市中心部の低湿地を荘域とし,富田浜などの地名が残る。国衙領の南助任(みなみすけとう)保・津田島(つだじま)を前身とし,奈良春日大社興福寺)領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とみたのしょう【富田荘】

尾張国海東郡(現,愛知県名古屋市中川区富田町,海部郡蟹江町,七宝町,大治(おおはる)町,甚目寺(じもくじ)町あたり)の荘園。〈とだ〉ともいい〈戸田〉とも書く。11世紀後半に成立したと思われ,のち近衛家領。北馬島を除き領家は鎌倉末には近衛北政所,建武政権下では阿野廉子であった。1103年(康和5)平季政が下司職に補任された。1211年(建暦1)北条義時による地頭請が成立。83年(弘安6)北条時宗により地頭職は鎌倉円覚寺に寄進され,1327年(嘉暦2)円覚寺の地頭請が成立,毎年110貫文の領家年貢を京進することとなり,絵図が作成された。

とみたのしょう【富田荘】

阿波国名東郡(現,徳島市)の荘園。前身は国衙領の南助任保,津田島。この保が興福寺回廊造営料所にあてられたことを契機に,在京の中級貴族大江泰兼は,保の荘園化を推進し,1204年(元久1)に春日社を本家,大江泰兼を領家,在地領主粟田重政らを荘官にする富田荘が成立する。この荘およびその前身の保は吉野川の河口,現徳島市の中心部一帯の低湿地を荘域としており,平安末期から鎌倉期にかけて条件劣悪な三角州上で荒廃になやまされながら耕地の開作が進められ,荘園の基盤が作られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の富田荘の言及

【尾張国】より

…守護職は小野氏の同族中条氏にうけつがれたが,14世紀初頭以降北条氏一門である名越宗教がこれに代わった。北条氏一門の進出は尾張においても顕著で,一門領は富田荘,篠木荘,枳豆志(きずし)荘,御器所保など全域にわたっている。 北条氏滅亡後成立した足利政権は1353年(正平8∥文和2)尾張守護に美濃守護土岐頼康を任じた。…

【阿波国】より

… 中世,阿波の耕地は古代よりも一段と拡大した。鎌倉初期にあらわれる春日社領名東郡富田荘は,奈良時代の開発の最前線に位置した新島荘よりもさらに河口に近い低湿地に立地している。古代から中世にかけて,水と闘いつつ耕地拡大は着実に前進した。…

※「富田荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富田荘の関連キーワード鳴海名古屋証券取引所八束穂名古屋駅麺通り名古屋食肉市場(名食)前田利春春田末廣松の世名古屋木材七月場所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone