コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田[町] ますだ

百科事典マイペディアの解説

増田[町]【ますだ】

秋田県南東部,平鹿(ひらか)郡の旧町。市街は横手盆地南東部にあり,皆瀬川,成瀬川の渓口集落として発達,江戸時代から市場も開かれ交通の要地でもあったが,現在は奥羽本線の駅のある十文字町(現・横手市)が商業の中心。清酒,醤油を産し,リンゴ,米の栽培も盛ん。2005年10月平鹿郡十文字町,大森町,雄物川町,平鹿町,山内村,大雄村と横手市へ編入。74.21km2。8996人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ますだ【増田[町]】

秋田県南東部,平鹿郡の町。人口9516(1995)。横手盆地南東部,雄物川水系の成瀬川,皆瀬川の合流点を中心とする。両川の河谷は近世にはそれぞれ南部藩領水沢,仙台藩領への要路にあたり,谷口集落として発達した増田は交通の要地であり,定期市も立ったが,現在は奥羽本線の駅のある十文字町に商業の中心が移っている。東部の山麓一帯はリンゴ栽培が盛んで,無袋の平鹿リンゴで知られる。河谷部のタバコ栽培は県内一の生産量を誇る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android