コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪会議 おおさかかいぎ

7件 の用語解説(大阪会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪会議
おおさかかいぎ

1875年1~2月,参議伊藤博文と在野の前大蔵大輔井上馨の周旋により,参議大久保利通と在野の木戸孝允板垣退助らが大阪において行なった一連の秘密政治会談のこと。その結果,将来国会を開く準備として元老院を設けること,裁判の基礎を強固にするため大審院を設けること,民意を疎通するため地方官会議を興すこと,および内閣と各省すなわち参議と卿を分離することで合意をみ,木戸と板垣は再び参議として政府に復帰することになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪会議

征韓論をきっかけに政治が混乱していた1875(明治8)年、対立していた大久保利通、木戸孝允、板垣退助が、井上馨や伊藤博文らの仲介によって「加賀伊」で会談。最終的に元老右大審右地方官会議を設置し、段階的に立憲政体を構築することが決まった。

(2011-05-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐かいぎ〔おほさかクワイギ〕【大阪会議】

明治8年(1875)、参議大久保利通伊藤博文が、征韓論などをめぐって辞職した木戸孝允板垣退助に参議復職を求めた会議。立憲体制への漸次的移行で妥協が成立、二人の復帰が決まった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大阪会議【おおさかかいぎ】

1875年2月伊藤博文井上馨の周旋による参議大久保利通,在野の木戸孝允板垣退助らの会合。木戸,板垣は参議に復帰。国会開設の準備をすること,大審院の設置など三権分立体制を決定。
→関連項目小室信夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかかいぎ【大阪会議】

1875年1月から2月に,大阪で開かれた政府指導層間の会談。征韓論による政府内部の対立のため,西郷隆盛,板垣退助らが下野し,次いで参議木戸孝允も台湾出兵などに反対してその職を辞した。こうして〈有司専制〉支配を固めて,政権の土台を確立しようとしていた参議・内務卿大久保利通の地位は孤立した。そのころ高まってきた農民一揆自由民権運動のなかで,参議井上馨,伊藤博文らは事態を憂慮し,木戸や当時自由民権家となった板垣と大久保を和解させ,政府権力の強化をはかろうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおさかかいぎ【大阪会議】

1875年(明治8)1月から二月にかけて、参議大久保利通が在野の木戸孝允・板垣退助と大阪で政府改革について行なった協議。この結果、漸進的立憲主義が国是となり、元老院・大審院・地方官会議などが設置され、木戸・板垣は参議に復帰した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪会議
おおさかかいぎ

1875年(明治8)1月から2月にかけて、大久保利通(としみち)、木戸孝允(たかよし)を中心に板垣退助(たいすけ)、伊藤博文(ひろぶみ)が加わり大阪で行われた会議。73年10月の政変、74年の民撰(みんせん)議院設立建白、佐賀の乱、台湾出兵などによって大久保を中心とした政府は孤立したが、大久保はこの窮状を打開するために、先に下野した木戸の政府復帰を望み、伊藤や井上馨(かおる)がこの間を斡旋(あっせん)して板垣をも参加させる形でこの会談にこぎつけた。会議は、元老院・大審院の創設、地方官会議の開催、これまで兼任制であった参議と省の卿(きょう)とを分離させるなどの政体改革構想で合意に達し、木戸、板垣は参議に復帰した。4月、立憲政体漸次樹立の詔書が出され、参議省卿の分離問題を除く大阪会議の合意事項が実現されていった。しかし改革の実施過程で対立が起こり、とくに板垣は他の大臣、参議と対立して10月に辞職した。大阪会議の結果、政府は安定度を増し、地租改正事業その他に本格的に着手することが可能となった。[原口 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大阪会議の言及

【木戸孝允】より

…74年文部卿兼任,しかし大久保との対立が再燃し,大久保,西郷従道らの台湾出兵強行に反対して辞任,宮内省出仕となった。75年伊藤博文の仲介で大久保と大阪会議を行い,専制政治の緩和と民権の拡大のために元老院,大審院,地方官会議の設置を条件に政府に帰属,漸次立憲制樹立の路線をつくった。参議政体取調委員,地方官会議議長につく。…

【元老院】より

…1875年4月設置。同年1月の大阪会議で立憲政体への移行の合意が成立し,4月に漸次立憲政体を立てるとの詔勅が発せられ,立法機関として元老院,地方官会議,司法機関として大審院が設置された。立法機関としては法典編纂を主とした左院があったが,これが廃止されるとともに,欧米諸国の議会の上院になぞらえて元老院が設けられたのである。…

※「大阪会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大阪会議の関連キーワード東南アジア開発閣僚会議六斎市秋場所ローザンヌ会議ボゴール目標大阪万博と太陽の塔消費増税全国菓子大博覧会宮コン大阪場所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大阪会議の関連情報