コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安土[町] あづち

百科事典マイペディアの解説

安土[町]【あづち】

滋賀県中部,蒲生(がもう)郡の旧町。琵琶湖湖東平野にあり,中之湖干拓地を中心に米,野菜を産する。淡水真珠の養殖も行う。安土山は織田信長の安土城跡(特別史跡)で,老蘇(おいそ)は中山道の旧宿場町。
→関連項目キリシタン学校

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あづち【安土[町]】

滋賀県中央部,琵琶湖南東部に広がる蒲生(がもう)郡の町。人口1万2292(1995)。湖東平野の米作地帯にあり,東部に安土山,繖(きぬがさ)山,箕作(みづくり)山の西斜面が広がる。北部の大中之湖には1946年に計画され67年に完了した大中之湖干拓地があり,その南には西の湖がある。古くから開けた地で,縄文~鎌倉時代に至る大中之湖南遺跡や4世紀のものと推定される瓢簞山古墳などがある。中世は近江守護佐々木(六角)氏の本拠となり,六角氏は南北朝期には観音寺山(繖山)に観音寺城を築き,1549年(天文18)には城下町の石寺新市を全国で最も早く紙の楽市としている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安土[町]の関連キーワード琵琶湖国定公園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android