コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮山古墳 みややまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

みややまこふん【宮山古墳】

宮山と呼ぶ古墳は各地にあり,氏神の社の背後に位置することによって生じた名称であることが多い。姫路宮山古墳(兵庫県),室(むろ)宮山古墳(奈良県)などは有名である。
[姫路宮山古墳]
 兵庫県姫路市四郷町坂元にある5世紀後葉の円墳。市川東岸の山丘からのびた尾根の標高35mの突端に位置し,径約30mあって円筒埴輪列をめぐらす。1969年および72年にかさねて採土地となり,東西に長軸をおく竪穴式石室3個の存在が判明した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

みややまこふん【宮山古墳】


奈良県御所市室にある前方後円墳。「室大墓(むろのおおはか)」ともいう。奈良盆地の南部、巨勢(こせ)山塊の北裾に尾根を利用して西向きに築かれ、全長238m、後円部径105m、高さ25m、前方部幅110m、高さ22mで、葛城(かつらぎ)地方最大の規模を誇る。1921年(大正10)に国の史跡に指定。墳丘は3段築成で周濠がめぐり、後円部の頂上には2重の方形埴輪(はにわ)列があり、ここに楯などの形象埴輪を外側に並べ、さらに外側に倉庫や母屋などの家形埴輪が一列に置かれていた。石室の中央部には長持ち形の石棺を安置。この石棺は凝灰岩の板石を加工して組み合わせたもので、底石の上に長側石を立て、前後に短側石を嵌()め込んだもので、内面に朱が塗られていた。石室の内外からは多くの副葬品が出土しているが、石棺内から出土した遺物のうち硬玉製管玉(くだたま)、滑石(かっせき)製勾玉(まがたま)とガラス製小玉は、棺外から流入したと考えられている。また、何らかの祭祀が行われたらしく、滑石製刀子や斧頭、鉄製品、土器片などが出土した。近畿日本鉄道近鉄御所駅から奈良交通バス「宮戸橋」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

宮山古墳の関連キーワード奈良県生駒郡平群町椿井滋賀県長浜市湖北町山本大阪府藤井寺市野中山陽(岡山県)四国中央(市)安満宮山古墳飯野坂古墳群御所(市)滋賀(県)赤磐(市)湖北[町]両宮山古墳家形埴輪宮山遺跡形象埴輪後円部副葬品凝灰岩御所市赤磐市