宮沢喜一内閣(読み)みやざわきいちないかく

百科事典マイペディアの解説

宮沢喜一内閣【みやざわきいちないかく】

1991年11月5日〜1993年8月9日。自由民主党単独内閣。海部俊樹の退陣をうけて宮沢喜一が自民党総裁に選ばれ,総理大臣に就任(副総理兼外相に渡辺美智雄)。当面する政治課題は〈国際貢献〉と〈政治改革〉で,就任時のキャッチフレーズは〈世界平和秩序への貢献〉。1992年1月ブッシュ米大統領が来日,宮沢首相と会談し,新時代における日米相互の責任を明示した〈東京宣言〉を発表。6月PKO協力法,国際緊急援助派遣法が成立し(8月10日施行),9月PKOによる自衛隊カンボジア派遣開始。12月自民党竹下派が分裂,羽田派が発足。1993年4月渡辺副総理兼外相が健康上の理由で辞任,後任の副総理に後藤田正晴法相が就任。同月〈政治改革法案〉をめぐる論戦が開始されたが,与野党を問わず〈改革〉反対派が多く,6月野党が提出した内閣不信任案が賛成多数で可決され(羽田派が不信任案に同調),宮沢首相は衆議院を解散。これを契機に自民党離党グループによって〈新党さきがけ〉〈新生党〉が結成された。7月の総選挙の結果は,自民党は横ばい(ただし選挙前の離党者が多数であったため過半数割れ),日本社会党は惨敗,これに対し新党(新生党,日本新党,新党さきがけ)が躍進して〈55年体制〉は崩壊,宮沢内閣は総辞職。
→関連項目小泉純一郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮沢喜一内閣
みやざわきいちないかく

(1991.11.5~1993.8.9 平成3~5)
自由民主党(自民党)の総裁選で渡辺美智雄、三塚博を破って、宮沢喜一が首班となって、1991年(平成3)11月に発足した内閣。海部(かいふ)俊樹政権から引き継いだPKO協力法案を、1992年6月ようやく成立させ、9月から自衛隊員などを順次カンボジアに派遣した。懸案の衆議院定数是正「9増10減」も同年12月に成立。しかし、1992年1月には共和事件で、阿部文男・元北海道沖縄開発庁長官が逮捕され、8月には金丸信(かねまるしん)・元副総裁の東京佐川急便不正献金問題が明るみに出るなど、終始スキャンダルに悩まされた。バブル後の不況からも脱することができず、「顔が見えない」などとその指導力不足が終始指摘された。

 1992年12月の臨時国会終了後に内閣を改造。選挙制度を含む抜本的な政治改革の実現を内閣の最大の課題に掲げた。しかし、自民党の強い反対論にあって党議決定した単純小選挙区制より妥協した案をまとめることができなかった。1993年6月18日の衆議院本会議で野党提出の内閣不信任決議案に自民党内の羽田(はた)派などが賛成して可決され、衆院を解散したが、羽田派の離党などがあって、衆院選挙で過半数を確保できず退陣した。

[橋本五郎]

『弘中喜通著『宮沢政権・六四四日』(1998・行研)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

宮沢喜一内閣
みやざわきいちないかく

宮沢喜一(1919〜2007)を首班とする自由民主党単独内閣(1991.11〜93.8)
1992年,海部俊樹内閣政権から引き継いだPKO協力法案を成立させ,自衛隊をカンボジアに派遣した。しかし,佐川急便事件で政治不信が高まり,バブル経済崩壊後の不況からも脱することができない中,衆議院総選挙で過半数割れし,宮沢内閣は'93年7月総辞職したため,55年体制は崩壊した。そして翌月細川護煕連立内閣が成立した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android