コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿院 シュクイン

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐いん〔‐ヰン〕【宿院】

寺の宿泊所。僧坊。また、宿坊。すくいん。
「住み馴れた―の生活に対する未練と」〈谷崎・二人の稚児〉

すく‐いん〔‐ヰン〕【宿院】

《「すく」は「しゅく」の直音表記》「しゅくいん(宿院)」に同じ。
「春日へとて、―のいとむつかしげなるに留まりぬる」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すくいん【宿院】

僧侶が出張したときに宿泊する寺坊,あるいは寺院に参詣した人が宿泊する寺坊をいう。〈しゅくいん〉ともよむ。《蜻蛉日記》には〈すくいんのいとむつかしげなるにとどまりぬ〉とある。《太平記》には〈宿院の後を廻て如法経塚へ押寄,八百人の兵共,同音に時をどっと作る〉とみえている。また,神社の祭礼のとき,神輿を本宮から渡御して,かりにとどまるところ,すなわち御旅所なども宿院といわれていたかと思われる。和泉国に宿院という地名があるが(現,大阪府堺市宿院町),《堺鑑》によると〈宿院 此地は住吉明神毎年六月晦日の御祓,御旅所也〉とある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿院
しゅくいん

大阪府堺(さかい)市堺区、旧環濠(かんごう)内市街地のほぼ中央の地区。もと住吉(すみよし)大社(大阪市住吉区)の社領で、同社の旅所(たびしょ)として、毎年8月1日の住吉祭には神輿(みこし)の渡御(とぎょ)があり、地名はこれに由来する。阪堺(はんかい)電軌、国道26号が通じ、宿院駅の近くに千利休屋敷跡がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宿院の言及

【宿院】より

…《蜻蛉日記》には〈すくいんのいとむつかしげなるにとどまりぬ〉とある。《太平記》には〈宿院の後を廻て如法経塚へ押寄,八百人の兵共,同音に時をどっと作る〉とみえている。また,神社の祭礼のとき,神輿を本宮から渡御して,かりにとどまるところ,すなわち御旅所なども宿院といわれていたかと思われる。…

※「宿院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宿院の関連キーワード石清水八幡宮宿坊・宿房生駒東太宿院仏師鳥井駒吉紀種子定期市住吉祭源次春日鳥売旅館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android