小原[村](読み)おばら

  • 小原

世界大百科事典 第2版の解説

愛知県北部,西加茂郡の村。人口4544(1995)。矢作(やはぎ)川上流北西岸に位置する。北部は美濃三河高原山地が占め,田代川,犬伏川,大平川などが南流し,矢作川に合流する。河川沿いの低地水田に利用されているが,村域の大部分山林である。かつては養蚕林業が盛んであったが,近年農家の兼業化が進み,豊田市などへの通勤者が増えている。近世以来の伝統をもつ和紙が生産され,小原和紙として知られる。また陶器の原料になる長石粘土を産し,瀬戸市,多治見市などへ出荷されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android