コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原[村] おばら

1件 の用語解説(小原[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おばら【小原[村]】

愛知県北部,西加茂郡の村。人口4544(1995)。矢作(やはぎ)川上流北西岸に位置する。北部は美濃三河高原の山地が占め,田代川,犬伏川,大平川などが南流し,矢作川に合流する。河川沿いの低地は水田に利用されているが,村域の大部分は山林である。かつては養蚕や林業が盛んであったが,近年農家の兼業化が進み,豊田市などへの通勤者が増えている。近世以来の伝統をもつ和紙が生産され,小原和紙として知られる。また陶器の原料になる長石や粘土を産し,瀬戸市,多治見市などへ出荷されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小原[村]の関連キーワード庄内川松平尾張旭三五東海美濃加茂足助重氏足助重信ナトコアドマテックス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone