コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小郡[市] おごおり

百科事典マイペディアの解説

小郡[市]【おごおり】

福岡県中南部の市。1972年市制。大部分筑後川の支流宝満川流域の平野で,米麦作を中心に野菜栽培,畜産が盛ん。洋ラン,苗木種苗も産する。甘木(あまぎ)鉄道,西鉄天神大牟田(おおむた)線が交わる小郡を中心に福岡市のベッドタウン化が進み,近年は筑紫野市にまたがる小郡・筑紫野ニュータウン建設が進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おごおり【小郡[市]】

福岡県中西部の市。1972年市制。人口5万0612(1995)。南は久留米市,西は佐賀県鳥栖(とす)市に接し,筑後川支流の宝満川流域を占めて南北に長い。北半は緩起伏の洪積台地で畑が多く,南半は低湿な水田地帯でかつては日本住血吸虫症が発生していた。甘木鉄道線が通じ,西鉄大牟田線が縦走,すぐ近くに九州自動車道と長崎・大分自動車道が交差する鳥栖ジャンクションがある。野菜栽培や養鶏,養豚などが盛んな農村地帯であったが,1953年に陸上自衛隊駐屯地が新設され,60年代から住宅が激増して福岡市の衛星都市化しており,北隣の筑紫野市にまたがる九州最大規模(約700ha)の中九州(小郡・筑紫野)ニュータウン(8000戸)計画の建設も進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小郡[市]の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android