山ノ内(読み)やまノうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山ノ内
やまノうち

神奈川県南東部,鎌倉市中部の地区。鎌倉の中心市街とは巨福呂坂にへだてられ,落ち着いた古都の風情を色濃く残す。鎌倉時代の初期には府外であったが,北条氏に実権が移ってから建長寺円覚寺が建立され,鎌倉の北境となった。室町時代には関東管領上杉氏が屋敷を構え,山内上杉氏と呼ばれた。 1927年国鉄横須賀線の北鎌倉駅が開設され,鎌倉の北の入口として観光客でにぎわうようになった。数多くの史跡・名勝・国宝がみられる。建長寺は鎌倉五山の1位で,七堂伽藍がそろい庭園もみごと。円覚寺は同じく2位で,舎利殿は禅宗建築の典型。道場としても名高い。ほかに同4位の浄智寺,女人救済の駆込寺として知られる東慶寺,アジサイの名所明月院などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やまのうち【山ノ内】

長野県北東部、下高井郡の町。山内温泉郷や志賀高原があり、上信越高原国立公園に属する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山ノ内の言及

【鎌倉[市]】より

…八幡宮境内には1928年開館の市立国宝館と51年日本最初の近代美術館として開館した県立近代美術館などがある。八幡宮から北西へ小袋坂の切通しを越えるとJR北鎌倉駅に近い山ノ内で,ここには北条時頼創建の建長寺,北条時宗創建の円覚寺のほか,周辺には鎌倉五山の一つ浄智寺,縁切寺で知られる東慶寺がある。八幡宮の東隣が源氏の居館の跡で,最初の幕府所在地,その中央背後に頼朝墓がある。…

※「山ノ内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山ノ内の関連情報