所司(日本史)(読み)しょし

百科事典マイペディア「所司(日本史)」の解説

所司(日本史)【しょし】

(1)鎌倉幕府の職名。侍所(さむらいどころ)・小侍所の次官で,別当を補佐する。北条氏が執権として別当の地位を独占するようになると,長崎氏が所司を世襲した。(2)室町幕府の職名。侍所の長官である頭人(とうにん)のこと。管領(かんれい)に次ぐ重要な職で,山名赤松一色京極各氏が交代で務め,四職(ししき)といわれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android