コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り)返し オリカエシ

1件 の用語解説(折(り)返しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おり‐かえし〔をりかへし〕【折(り)返し】

[名]
着物などを折って二重にすること。また、その部分や折り目。「ズボンの折り返し
ある地点から引き返すこと。また、その地点。折り返し点。
詩歌の、末尾の語句の繰り返し。リフレーン。ルフラン。
[副]手紙・問いかけなどに対し、間を置かず対応するさま。また、着いてすぐ帰っていくさま。すぐさま。ただちに。「折り返し電話します」「折り返し帰路につく」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の折(り)返しの言及

【合同変換】より

…平面上の各点をその平面上の点にうつす写像によって,任意の2点間の距離が不変に保たれるとき,この写像を合同変換,または運動という。平面上の各点を一定の方向に一定の距離だけずらせた点にうつす平行移動(図1),平面上の各点を一定点のまわりに一定角だけ回転した点にうつす回転移動(図2),平面上の各点を一定直線に関して対称な点にうつす折返し(対称移動)(図3)はいずれも平面上の合同変換である。平面上の合同変換によって平面はそれ自身の上に1対1にうつり,図形は位置を変えるだけでその形や大きさを変えない。…

※「折(り)返し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone