コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本社会論 にほんしゃかいろん

1件 の用語解説(日本社会論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしゃかいろん【日本社会論】

現代の日本は,高度に産業化された先進国の一つに属している。都市化も著しく,全人口の4分の3に当たる9000万ほどの人たちが〈市〉に住んでいる。狭い国土であるが,整備された行政組織があり,交通や通信のシステムも発達している。低資源国であるにもかかわらず,第2次大戦後の復旧は目覚ましく,その後において急速な経済成長を達成し,現在では世界の国民総生産(GNP)の約10%を占めるに至った。中流意識をもつ人が多く,平均寿命の伸びも著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本社会論の関連キーワード先進国先進国首脳会議ブーメラン効果高度先進医療工業化京都メカニズム主要先進国首脳会議G20・G7・G8高度先進医療特約クリーン開発メカニズム(CDM)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本社会論の関連情報