コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最高発行額制限制度 さいこうはっこうがくせいげんせいど maximum issue limit system

3件 の用語解説(最高発行額制限制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最高発行額制限制度
さいこうはっこうがくせいげんせいど
maximum issue limit system

銀行券発行制度 (発券制度) の一種。中央銀行の発行しうる銀行券の最高発行額を定めるだけで,その制限内であれば発行銀行券の準備内容については金,外貨,商業手形,政府証券といった一切の中央銀行の資産も同列に保証物件とするという制度。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいこうはっこうがくせいげん‐せいど〔サイカウハツカウガクセイゲン‐〕【最高発行額制限制度】

発券制度の一。政府が中央銀行に対して、準備資産の内容やその比率とは無関係銀行券発行の最高限度額を定める制度。限度外発行を認める最高発行額屈伸制限制度と、認めない最高発行額直接制限制度とに分かれる。日本では、最高発行額屈伸制限制度が採用されていたが、平成9年(1997)日本銀行法の改正により廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最高発行額制限制度
さいこうはっこうがくせいげんせいど
maximum limit system

銀行券発行制度(発券制度)の一種。この制度は、銀行券の発行を、銀行の自由に放任することなく、なんらかの方法で厳重に制限すべきであるとする通貨主義の思想に基づいたものであり、政府が銀行券発行の最高限度額を決定して中央銀行に指定し、中央銀行がその限度額を超えて発行しようとする場合には、政府の特別の許可を必要とする制度である。この場合、発行における準備資産の内容(正貨準備保証準備)やその比率については規定を設けず、中央銀行の裁量に任せ、政府は干渉しない。この最高発行額制限制度は、フランスにおいて1928年に比例準備制に移行するまで長く採用された。わが国の発券制度は、1888年(明治21)8月の兌換(だかん)銀行券条例改正以後、屈伸制限制度が採用されてきたが、1941年(昭和16)3月に公布された兌換銀行券条例臨時特例法によって一時的に最高発行額制限制度が採用され、さらに翌1942年2月に公布された日本銀行法に取り入れられてきたが、1998年(平成10)4月の日本銀行法改正により発行額は発券銀行の自由裁量に任され、本制度は廃止された。[安田原三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最高発行額制限制度の関連キーワード中央銀行発券銀行発券制度比例準備制度一部準備制度イングランド銀行(Bank Of England)中央銀行(Central Bank)委託介入ヨーロッパ中央銀行制度服部正也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone