月夜野[町](読み)つきよの

百科事典マイペディアの解説

月夜野[町]【つきよの】

群馬県北部,利根郡の旧町。利根川と赤谷(あかや)川の合流点付近を占め,大部分が山地。上越線,関越自動車道が通じ,上越新幹線の上毛高原駅がある。中心市街の後閑(ごかん)は交通の要地。稲作,畑作などの農業を基幹産業とする。2005年10月,利根郡水上町,新治村と合併し町制,利根郡みなかみ町となる。70.76km2。1万1368人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきよの【月夜野[町]】

群馬県北部,利根郡の町。人口1万1323(1995)。利根川上流に位置し,沼田市の西に接する。中心集落の後閑は利根川と赤谷川の合流点付近にある交通の要地で,上越線,国道17号線が通じる。コンニャク葉タバコが栽培されるが,リンゴやシイタケ,野菜の生産がふえている。1982年上越新幹線上毛高原駅が開業し,85年には関越自動車道月夜野インターチェンジが設けられ,交通条件が急速に整備されている。戦国時代の山城名胡桃(なくるみ)城跡や江戸時代初期,領主の暴政を将軍に直訴し,はりつけに処せられた杉本茂佐衛門をまつる千日堂がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android