コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山城[岡山] まつやまじょう[おかやま]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松山城[岡山]
まつやまじょう[おかやま]

岡山県高梁市にある山城。別名,備中松山城,高梁城。高梁川の東岸,大松山,天神 (てんじん) ノ丸,前山,小松山の4峰から成る臥牛山山頂にある。仁治1 (1240) 年この地の地頭だった秋葉重信が大松山に築城したのが最初。江戸時代には小松山山頂を本丸とし,池田,水谷,安藤,石川,板倉の諸氏の居城となった。現在の城は元和6 (1620) 年水谷勝宗の築城に成るもの。本丸,二の丸,三の丸の構をもち,2層の天守閣となっていた。現在,天守,二重櫓 (やぐら) ,大小の曲輪跡,石垣,土塀などが残っており,重要文化財の指定を受けているほか,城跡は史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android