コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山城[岡山] まつやまじょう[おかやま]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松山城[岡山]
まつやまじょう[おかやま]

岡山県高梁市にある山城。別名,備中松山城,高梁城。高梁川の東岸,大松山,天神 (てんじん) ノ丸,前山,小松山の4峰から成る臥牛山山頂にある。仁治1 (1240) 年この地の地頭だった秋葉重信が大松山に築城したのが最初。江戸時代には小松山山頂を本丸とし,池田,水谷,安藤,石川,板倉の諸氏の居城となった。現在の城は元和6 (1620) 年水谷勝宗の築城に成るもの。本丸,二の丸三の丸の構をもち,2層の天守閣となっていた。現在,天守,二重櫓 (やぐら) ,大小の曲輪跡,石垣,土塀などが残っており,重要文化財の指定を受けているほか,城跡は史跡に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone