コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案山子・鹿驚 かかし

大辞林 第三版の解説

かかし【案山子・鹿驚】

〔「かがし」とも。「嗅かがし」の転か〕
鳥獣が田畑を荒らすのを防ぐために、獣肉・魚の頭・毛髪などを焼いて串くしに刺して立て、その悪臭で追い払うもの。しかおどし。かがせ。
作物を荒らす鳥獣を脅すため、田畑に立てる人形。そおず。 [季] 秋。 《 秋風の動かして行く-かな /蕪村 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

案山子・鹿驚の関連キーワード蕪村鳥獣

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android