コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案山子・鹿驚 かかし

大辞林 第三版の解説

かかし【案山子・鹿驚】

〔「かがし」とも。「嗅かがし」の転か〕
鳥獣が田畑を荒らすのを防ぐために、獣肉・魚の頭・毛髪などを焼いて串くしに刺して立て、その悪臭で追い払うもの。しかおどし。かがせ。
作物を荒らす鳥獣を脅すため、田畑に立てる人形。そおず。 [季] 秋。 《 秋風の動かして行く-かな /蕪村 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

案山子・鹿驚の関連キーワード蕪村鳥獣

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android