コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田千之助 よこたせんのすけ

5件 の用語解説(横田千之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横田千之助
よこたせんのすけ

[生]明治3 (1870).8.22. 下野
[没]1925.2.4. 東京
明治・大正期の政治家。織物商の家に生まれる。家業没落後,星亨門下生となり,苦学して 1893年東京法学院(→中央大学)を卒業,代言人となった。1912年に衆議院議員に当選し,以後当選 5回。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横田千之助 よこた-せんのすけ

1870-1925 明治-大正時代の政治家。
明治3年8月22日生まれ。星亨(とおる)の書生から弁護士となり,明治45年衆議院議員(当選5回,政友会)。大正3年政友会幹事長,7年原内閣の法制局長官高橋是清総裁を支持して政友会を第2次護憲運動に参加させ,第1次加藤高明(護憲三派)内閣の法相をつとめた。大正14年2月4日死去。56歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。東京法学院(現中央大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

横田千之助

没年:大正14.2.5(1925)
生年:明治3.8.22(1870.9.17)
明治大正期の政党政治家。下野(栃木県)足利の大庄屋の子に生まれたが家が零落,青雲の志を立て上京して苦学力行,星亨 の書生をしながら東京法学院(中央大学)を卒業,弁護士となる。弁護士業のかたわら蓄財し,明治45(1912)年立憲政友会より衆院選に出馬し当選,その金力と敏捷な活動,師星亨のような親分肌的魅力によって政友会関東派を拡大し,政界に広くその名を売った。大正7(1918)年原敬首相の抜擢で法制局長官に就任。第1次大戦(1914~18)後の変化を敏感に感じとり,明治期自由党の急進的姿勢とムッソリーニの台頭に象徴される欧州の政治的変化への対応を重ね合わせ,人権擁護や国内改革などを主張。政界でも13年に政友会を分裂させ第2次護憲運動を開始するなど,中心的存在となった。護憲3派内閣では司法大臣となるが,翌年死去。<参考文献>遠藤哲男編『怪傑横田の論策』上,石田秀人『快男児横田千之助』,荒木武行『横田千之助論』

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よこたせんのすけ【横田千之助】

1870‐1925(明治3‐大正14)
大正期の政治家。栃木県に生まれ,東京法学院(現,中央大学)で苦学中,星亨に認められて書生となり,卒業後弁護士として星事務所で働く。1912年立憲政友会から代議士となり,以後5回当選。原敬に鋭利な才能を認められ,18年原内閣法制局長官。原首相暗殺後,後任の高橋是清総裁を助け政友会をリードし,第2次護憲運動に政友会を参加させる。24年加藤高明内閣の法相となり,在任中に死亡。【伊藤 之雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横田千之助
よこたせんのすけ
(1870―1925)

明治・大正期の政治家。明治3年8月22日栃木県足利(あしかが)の商家に生まれる。家業の倒産で苦労し、東京法学院(現、中央大)在学中は星亨(ほしとおる)の書生となる。1892年(明治25)卒業後星の下で弁護士として活動、のち実業界でも活躍した。1909年(明治42)立憲政友会から衆議院議員に当選。原敬(はらたかし)の信任を得、1914年(大正3)同会幹事長となる。1918年原内閣の法制局長官に就任し、ついで高橋是清(これきよ)内閣に留任、この間、「因襲打破」を掲げ部落差別解消に尽力した。1924年清浦奎吾(きようらけいご)内閣成立に際し、高橋総裁を支持して政友会を第二次護憲運動に参加させ、護憲三派内閣の法相となったが、在職中の大正14年2月4日死去。[阿部恒久]
『荒木武行著『横田千之助論』(1925・大観社) ▽遠島哲男編『快傑横田の論策 上』(1927・人事通信社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の横田千之助の言及

【政友本党】より

…立憲政友会(政友会)から分裂した政党。1921年11月原敬暗殺後,政友会内は,第1次大戦後の不況や普選運動の高揚に対応して財政緊縮や普選問題の解決を企図する高橋是清総裁,横田千之助ら改造派(のち非改革派)と,積極財政・普選反対等の従来の政友会路線を維持しようとする床次(とこなみ)竹二郎,中橋徳五郎ら非改造派(のち改革派)の対立が激化した。24年1月清浦奎吾(けいご)内閣の成立を契機に,前者は憲政会,革新俱楽部と結び普選等をスローガンに第2次護憲運動を起こし,後者は脱党して政友本党を組織し清浦内閣の与党となった。…

※「横田千之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

横田千之助の関連キーワード栃木県下野市石橋栃木県下野市絹板栃木県下野市国分寺栃木県下野市柴栃木県下野市紫栃木県下野市薬師寺島田俊雄高田耘平高橋元四郎横尾輝吉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone