コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川広重(2代) うたがわ ひろしげ

2件 の用語解説(歌川広重(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川広重(2代) うたがわ-ひろしげ

1826-1869 幕末の浮世絵師。
文政9年生まれ。初代の門人。師の没後その養女と結婚,2代目をつぐ。のち離婚し,号を喜斎立祥とする。横浜で輸出用の茶箱に貼付する版画をかいた。明治2年9月17日死去。44歳。江戸出身。姓は鈴木,のち安藤,森田。通称は鎮平。別号に重宣,一幽斎,一立斎。作品に「赤坂桐畑雨中」「隅田川八景」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川広重(2代)

没年:明治2.9.17(1869.10.21)
生年:文政9(1826)
江戸末期の浮世絵師。幕府の定火消同心の子で俗名鈴木鎮平。初代広重の門人で重宣と号したが,初代の没後その養女と結婚し2代を襲名。慶応1(1865)年離縁し喜斎立祥と改名。「諸国名所百景」などで師風をよく継承した。<参考文献>吉田漱「二代広重考」(『浮世絵芸術』100,101号)

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌川広重(2代)の関連キーワード初代歌川国貞鳥居清澄籟堂五雲亭貞秀稲垣つる里の家芳滝庄五郎蒔絵師源三郎正歳《浮世絵師・紫頭巾》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone