コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(初代) うたがわ とよくに(初代)

2件 の用語解説(歌川豊国(初代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

歌川豊国(初代)

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は倉橋、通称は熊吉、号は一陽斎。父の友人歌川豊春に学び、豊国と名のる。役者の似顔絵を得意とし、錦絵・絵本の作も多く、肉筆画にも秀れ、化政期浮世絵画壇の第一人者として活躍。門下に国貞・国芳らの有力な絵師を輩出した。文政8年(1825)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川豊国(初代) うたがわ-とよくに

1769-1825 江戸時代後期の浮世絵師。
明和6年生まれ。歌川豊春の門人。寛政6-8年「役者舞台之姿絵」のシリーズで人気をよぶ。美人画にもすぐれ「風流七小町略(やつし)姿絵」が有名。合巻,読み本などの挿絵もおおくかく。初代歌川国貞,歌川国芳らをそだて,歌川派隆盛の基をつくった。文政8年1月7日死去。57歳。江戸出身。姓は倉橋。通称は熊吉。別号に一陽斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

歌川豊国(初代)の関連キーワード文康大川端夕涼み葛飾為斎葛飾北目清谷等舟斗雷ならや伊八文浪正歳

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone