コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(初代) うたがわ とよくに(初代)

美術人名辞典の解説

歌川豊国(初代)

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は倉橋、通称は熊吉、号は一陽斎。父の友人歌川豊春に学び、豊国と名のる。役者の似顔絵を得意とし、錦絵・絵本の作も多く、肉筆画にも秀れ、化政期浮世絵画壇の第一人者として活躍。門下に国貞・国芳らの有力な絵師を輩出した。文政8年(1825)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川豊国(初代) うたがわ-とよくに

1769-1825 江戸時代後期の浮世絵師。
明和6年生まれ。歌川豊春の門人。寛政6-8年「役者舞台之姿絵」のシリーズで人気をよぶ。美人画にもすぐれ「風流七小町略(やつし)姿絵」が有名。合巻,読み本などの挿絵もおおくかく。初代歌川国貞,歌川国芳らをそだて,歌川派隆盛の基をつくった。文政8年1月7日死去。57歳。江戸出身。姓は倉橋。通称は熊吉。別号に一陽斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

歌川豊国(初代)の関連キーワード歌川国輝(2代)歌川国輝(初代)善知鳥安方忠義伝歌川国満(初代)歌川国虎(初代)歌川国久(2代)白縫譚・白縫物語歌川豊国(2代)歌川国宗(2代)歌川国政(初代)歌川国久(初代)歌川国安(初代)歌川国貞(2代)歌川国政(3代)豊国(歌川豊国)青砥稿花紅彩画桜姫全伝曙草紙釈迦八相倭文庫雷太郎強悪物語歌川国花女

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android