歌川豊国(初代)(読み)うたがわ とよくに(初代)

美術人名辞典の解説

歌川豊国(初代)

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は倉橋、通称は熊吉、号は一陽斎。父の友人歌川豊春に学び、豊国と名のる。役者の似顔絵を得意とし、錦絵・絵本の作も多く、肉筆画にも秀れ、化政期浮世絵画壇の第一人者として活躍。門下に国貞・国芳らの有力な絵師を輩出した。文政8年(1825)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川豊国(初代) うたがわ-とよくに

1769-1825 江戸時代後期の浮世絵師。
明和6年生まれ。歌川豊春の門人。寛政6-8年「役者舞台之姿絵」のシリーズで人気をよぶ。美人画にもすぐれ「風流七小町略(やつし)姿絵」が有名。合巻,読み本などの挿絵もおおくかく。初代歌川国貞,歌川国芳らをそだて,歌川派隆盛の基をつくった。文政8年1月7日死去。57歳。江戸出身。姓は倉橋。通称は熊吉。別号に一陽斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android