コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川豊国(2代) うたがわ とよくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川豊国(2代) うたがわ-とよくに

1802-1835 江戸時代後期の浮世絵師。
享和2年生まれ。初代歌川豊国の弟子。豊国の養子となり,その没後2代目をつぐ。江戸本郷にすみ本郷豊国,通称から源蔵豊国ともいわれた。天保(てんぽう)6年死去。34歳。前名は豊重。別号一陽斎,一瑛斎,後素亭。作品に「風流東姿十二支」「名勝八景」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

歌川豊国(2代)の関連キーワードナッシュベルツェリウスバルザックポー(Edgar Allan Poe)グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスクベートーベン尚温王十返舎一九グエン朝

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android