(読み)ひいる

精選版 日本国語大辞典「沖」の解説

ひい・る ひひる【沖】

〘自ラ四〙
① ひらひらと飛びあがる。空高く舞いあがる。また、風にひるがえる。かける。
※書紀(720)欽明七年七月(寛文版訓)「鴻のごとくに驚り、龍(たつ)のごとくに翥(ヒヒ)りて」
② 高くそびえる。
※海道記(1223頃)蒲原より木瀬川「都てこの峯は、天漢の中に冲(ヒイリ)て」

ひひ・る【沖】

〘自ラ四〙 ⇒ひいる(沖)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「沖」の解説

ちゅう【沖】[漢字項目]

[音]チュウ(漢) [訓]おき
学習漢字]4年
〈チュウ〉まっすぐに高く上がる。「沖天
〈おき〉「沖合沖魚
[補説]「冲」は異体字。
[名のり]なか・ふかし

おき【沖/×澳】

海またはなどで、岸から遠く離れた所。「―に出る」
広々とした田畑野原の遠い所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android