河辺(読み)かわべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河辺(秋田県)
かわべ

秋田県のほぼ中央部、河辺郡にあった旧町名(河辺町(まち))。現在は、秋田市の北東部を占める一地区。1955年(昭和30)和田町と岩見三内(いわみさんない)、豊島(としま)の2村が合併して成立。2005年(平成17)雄和町(ゆうわまち)とともに秋田市に編入された。「河辺」の名は郡名による。JR奥羽(おうう)本線と国道13号(羽州街道)がほぼ並行して走り、日本海東北自動車道の秋田空港インターチェンジがある。また、同自動車道と秋田自動車道が連絡する河辺ジャンクションがある。地域の中央を貫流する岩見川の流域の耕地では米作と野菜栽培を主とし、ほかに酪農、果樹・花卉(かき)栽培も盛ん。北部は太平(たいへい)山地で、原木の切り出しや製材が行われる。岩見峡、三内峡などの景勝地があり、観光誘致にも努力している。柱状節理の筑紫森岩脈(つくしもりがんみゃく)は国の天然記念物。南部には七曲(ななまがり)臨空港工業団地、岩見川上流に岩見ダムがある。[宮崎禮次郎]
『『河辺町郷土誌』(1962・河辺町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河辺の関連情報