コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河辺[町] かわべ

百科事典マイペディアの解説

河辺[町]【かわべ】

秋田県中部,秋田市の東に接する河辺郡の旧町。雄物(おもの)川の支流岩見川流域を占める。木材の産が多く,奥羽本線が通じる中心市街和田に製材工場がある。稲作を中心に,畜産畑作が行われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわべ【河辺[町]】

秋田県中部,河辺郡の町。人口1万0906(1995)。雄物川支流の岩見川流域を占め,北部から北東部にかけて太平山地出羽山地の山々が連なる。中心の和田には奥羽本線が通じ,広大な山林を後背地として製材業が盛ん。米作のほかに畜産,リンゴ栽培が行われ,大張野,上野台などの台地では野菜栽培が盛ん。大張野は1880年士族授産団体秋成社により政府の援助を得て開拓されたが,経営不振から1902年には離散し,第2次世界大戦後,再び開拓された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報