コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼津[市] ぬまづ

百科事典マイペディアの解説

沼津[市]【ぬまづ】

静岡県東部,伊豆半島の基部西岸にあり,駿河湾に面する市。1923年市制。狩野(かの)川河口部の中心市街は東海道宿場町で,北条早雲の築城後は城下町としても発達。東海道本線,御殿場線,東名高速道路が通じる。第2次大戦中から工業が発達,特に電気機器,一般機器,金属工業が盛んで,駿河湾臨海工業地域の一中心をなす。沿岸漁業や遠洋漁業の根拠地でもあり,アジの干物生産では全国1位を占める。周辺部では野菜を多産。伊豆・箱根観光の基地で伊豆半島西海岸へ航路が通じ,大瀬崎,千本松原など景勝地が多い。2005年4月田方郡戸田村を編入。186.96km2。20万2304人(2010)。→沼津藩
→関連項目黄瀬川宿清水[町]長泉[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまづ【沼津[市]】

静岡県東部の中心都市。1923年市制,44年片浜村など4ヵ村,55年愛鷹(あしたか)村など4ヵ村,68年原町を編入し現在の市域となる。人口21万2241(1995)。市街地狩野川黄瀬川の形成した平野にあり,東は箱根山麓,北は愛鷹山,南は伊豆の山々に囲まれ,西は駿河湾に臨む。近世には,沼津は西部のとともに東海道の宿場町として栄えたが,水野氏2万石(のちに5万石に加増)の城下町となった1777年(安永6)以降,めざましい発展を遂げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の沼津[市]の言及

【原】より

…東町の松蔭寺は臨済宗中興の祖白隠慧鶴が住持した寺として有名。1968年沼津市と合体。【川崎 文昭】。…

※「沼津[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android