コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼津[市] ぬまづ

2件 の用語解説(沼津[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

沼津[市]【ぬまづ】

静岡県東部,伊豆半島の基部西岸にあり,駿河湾に面する市。1923年市制。狩野(かの)川河口部の中心市街は東海道の宿場町で,北条早雲の築城後は城下町としても発達。
→関連項目黄瀬川宿清水[町]長泉[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまづ【沼津[市]】

静岡県東部の中心都市。1923年市制,44年片浜村など4ヵ村,55年愛鷹(あしたか)村など4ヵ村,68年原町を編入し現在の市域となる。人口21万2241(1995)。市街地狩野川黄瀬川の形成した平野にあり,東は箱根山麓,北は愛鷹山,南は伊豆の山々に囲まれ,西は駿河湾に臨む。近世には,沼津は西部のとともに東海道の宿場町として栄えたが,水野氏2万石(のちに5万石に加増)の城下町となった1777年(安永6)以降,めざましい発展を遂げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の沼津[市]の言及

【原】より

…東町の松蔭寺は臨済宗中興の祖白隠慧鶴が住持した寺として有名。1968年沼津市と合体。【川崎 文昭】。…

※「沼津[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone