コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玖珂[町] くが

百科事典マイペディアの解説

玖珂[町]【くが】

山口県東部,玖珂郡の旧町。主集落は島田川中流の玖珂盆地にあり,古くは玖珂郡家の所在地,近世は岩国藩市場町山陽道宿場町として栄えた。岩徳線山陽自動車道が通じる。良質米の産地。周南市岩国市への通勤者も多い。2006年3月玖珂郡由宇町,周東町,町,美川町,美和町,本郷村と岩国市へ編入。23.20km2。1万1164人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くが【玖珂[町]】

山口県東部,玖珂郡の町。人口1万0767(1995)。島田川中流の花コウ岩丘陵に囲まれた玖珂盆地の東半部を占める。《和名抄》の玖珂郷,野口郷の地で,古代山陽道の通ずる要地にあたり,玖珂郡家が置かれた。島田川沿いの久門給(くもんきゆう)や瀬田の低地に条里制の遺構が広く残っている。中世は玖珂荘といい,京都の長講堂領の荘園であった。近世には玖珂本郷と称し,萩藩岩国領に属した。中心集落は島田川の支流水無川扇状地の扇央付近に山陽道沿いに細長く連なり,宿駅,市場町として発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

玖珂[町]の関連キーワード美和町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android