コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真壁(大壁) シンカベ

リフォーム用語集の解説

真壁(大壁)

木造伝統構法の代表的な工法。壁の仕上げが柱や梁などの構造材の表面より内側に納まる工法のため、表面に露出した構造材が化粧材の機能も兼ねる。調湿作用をもつ構造体の木材が露出しているため、建物の耐久性や居住性・メンテナンスの容易性などの面で優れている。→大壁

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

真壁(大壁)の関連キーワード真壁伝承館歴史資料館真壁(旧町名)北条(茨城県)大和(茨城県)明野(茨城県)小舞(建築)茨城県桜川市明野[町]桜川[市]大和〈村〉協和〈町〉明野〈町〉関城〈町〉Mk.XI協和[町]まかなべ亭桜川(市)真壁石燈籠真壁〈町〉真壁[町]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android