コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真壁(大壁) シンカベ

1件 の用語解説(真壁(大壁)の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

真壁(大壁)

木造伝統構法の代表的な壁工法。壁の仕上げが柱や梁などの構造材の表面より内側に納まる工法のため、表面に露出した構造材が化粧材の機能も兼ねる。調湿作用をもつ構造体の木材が露出しているため、建物の耐久性や居住性・メンテナンスの容易性などの面で優れている。→大壁

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真壁(大壁)の関連キーワード軸組構法木造・木構造木造軸組工法(在来工法)伝統木造構法外壁工事タイル工事W造土壁、土塗壁内装工事木造軸組工法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone