真壁(読み)まかべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真壁(旧町名)
まかべ

茨城県中西部、真壁郡にあった旧町名(真壁町(まち))。現在は桜川市(さくらがわし)の南部を占める地域。旧真壁町は1889年(明治22)に町制施行。1954年(昭和29)に長讃(ながさ)(一部)、紫尾(しいお)、谷貝(やがい)、樺穂(かばほ)の4村と合併した。2005年(平成17)、同郡大和村(やまとむら)、西茨城郡岩瀬町(いわせまち)と合併して市制施行、桜川(さくらがわ)市となった。旧町域の東側は筑波(つくば)山地の山腹斜面をなし、花崗(かこう)岩の露頭が多く、西側は桜川の低地と真壁台地よりなっている。主要地方道石岡下館(しもだて)線、筑波益子(ましこ)線が通じる。筑波鉄道が通ったが1987年3月末で廃止された。古代は新治(にいはり)郡、のち分かれて真壁郡となり、郡衙(ぐんが)が置かれた地という。中世は真壁氏19代420年の城下町、近世は笠間(かさま)藩浅野氏の陣屋が置かれた。明治時代に自由民権運動の加波山事件(かばさんじけん)があった。加波山から良質の花崗岩(かこうがん)(御影(みかげ)石)が切り出され、灯籠(とうろう)、石碑など石材品の産が多く、真壁石灯籠として国の伝統的工芸品に指定。土管、植木鉢をつくる紫尾焼や梵鐘(ぼんしょう)の鋳造は特産。温州(うんしゅう)みかん栽培北限の一つでもある。米、トマト・キュウリなどの野菜、小玉スイカなどの農業も盛ん。伝正(でんしょう)寺は「下駄(げた)の恩」で知られた伝説をもつ景勝地にある。ほかに国指定史跡の真壁城跡や、薬王(やくおう)院三重塔、最勝王(さいしょうおう)寺の宋(そう)版一切経など県指定文化財が多い。真壁には江戸時代の町割がよく残り、近代の町家なども残る。重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真壁の関連情報