コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石狩[市] いしかり

2件 の用語解説(石狩[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

石狩[市]【いしかり】

北海道中央部の市。1996年9月1日石狩郡石狩町から市制。札幌市の北東,小樽市の東に接する。石狩川河口部の平野から増毛山地の南まで,石狩湾に沿った南北に長い市域を有し,中心は旧漁業集落。
→関連項目石狩鍋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかり【石狩[市]】

北海道中央西部の市。1996年9月石狩郡石狩町が市制。人口5万2212(1995)。石狩湾に面し,中心市街地は石狩川河口付近にある。北東部には厚田丘陵,石狩台地の一部を含むが,町域の主要部は砂丘地とその背後の低地で,石狩川が町域を横断する。慶長年間(1596‐1615)石狩場所が置かれて以来,長くサケ漁,ニシン漁を主とする漁業の中心地となり,明治に入ると小樽の開港までは石狩平野の門戸の役割を果たし,札幌をはじめ石狩川流域の中継点として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

石狩[市]の関連キーワード運転注意力モニタ MDAS地球温暖化夫婦別姓来栖あつこDAIZO門倉有希三菱 ギャラン日産ディーゼル コンドル沖縄基地問題オリーブの木

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone