神埼[町](読み)かんざき

  • 神埼

百科事典マイペディアの解説

佐賀県東部,神埼郡の旧町。中心の神埼は古来の交通要地で,近世長崎路宿場町として繁栄長崎本線,国道34号線が通じる。近世からの製粉,製めんが盛んで,神埼そうめん特産。かつては木蝋も産した。大部分佐賀平野で,米,野菜を多産する。東側の三田川町(現・吉野ヶ里町)にかけて吉野ヶ里遺跡がある。2006年3月,神埼郡千代田町,脊振村と合併し市制神埼市となる。39.31km2。1万9544人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

佐賀県東部,神埼郡の町。人口1万9231(1995)。西は佐賀市に接する。北部は脊振山地南端の山地で,そこから発する城原(じようばる)川が中央を南流する。南部筑紫平野一角を占め,南端ではクリークが発達している。古くから開けた地で,吉野ヶ里遺跡があり,《魏志倭人伝》に記載される〈楼観〉〈城柵〉などに対応する資料が発見された。条里制に関連すると思われる駅ヶ里(やくがり),枝ヶ里,平ヶ里などの地名も数多く存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android