コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂高[町] ほたか

2件 の用語解説(穂高[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

穂高[町]【ほたか】

長野県西部,南安曇(みなみあずみ)郡の旧町。主集落穂高は松本盆地の中央にあり,糸魚(いとい)川街道(千国(ちくに)街道)の宿場町として発達,大糸線が通じる。米,野菜,花卉(かき)を産し,ニジマスの養殖を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほたか【穂高[町]】

長野県西部,南安曇(みなみあずみ)郡の町。人口2万8712(1995)。松本盆地の北部に位置し,西部は飛驒山脈に連なる山岳地帯,東部は高瀬川に注ぐ中房川,烏川の扇状地である。中心集落の穂高は近世から糸魚川街道(千国街道)に沿った宿場町として発展した。一帯は古くから稲作が行われたところで,現在は烏川扇状地の豊富な湧水を利用してワサビ栽培やニジマスの養殖が行われ,特に穂高ワサビは全国的に名高い。常念岳槍ヶ岳,穂高岳などの登山口にあたり,有明温泉(単純硫化水素泉,78℃),中房温泉もあって訪れる観光客が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone