コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂高[町] ほたか

百科事典マイペディアの解説

穂高[町]【ほたか】

長野県西部,南安曇(みなみあずみ)郡の旧町。主集落穂高は松本盆地の中央にあり,糸魚(いとい)川街道(千国(ちくに)街道)の宿場町として発達,大糸線が通じる。米,野菜,花卉(かき)を産し,ニジマスの養殖を行う。湧水を利用したワサビの栽培も盛ん。西は常念岳大天井岳など北アルプス山岳部で,中房(なかぶさ)温泉,穂高神社がある。2005年10月,東筑摩郡明科町,南安曇郡豊科町,三郷村,堀金村と合併し市制,安曇野市となる。145.42km2。3万2003人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほたか【穂高[町]】

長野県西部,南安曇(みなみあずみ)郡の町。人口2万8712(1995)。松本盆地の北部に位置し,西部は飛驒山脈に連なる山岳地帯,東部は高瀬川に注ぐ中房川,烏川の扇状地である。中心集落の穂高は近世から糸魚川街道(千国街道)に沿った宿場町として発展した。一帯は古くから稲作が行われたところで,現在は烏川扇状地の豊富な湧水を利用してワサビ栽培やニジマスの養殖が行われ,特に穂高ワサビは全国的に名高い。常念岳,槍ヶ岳穂高岳などの登山口にあたり,有明温泉(単純硫化水素泉,78℃),中房温泉もあって訪れる観光客が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android