空虚(読み)くうきょ

精選版 日本国語大辞典「空虚」の解説

くう‐きょ【空虚】

〘名〙 (形動)
① 何もないこと。から。くう。
※経国集(827)一四・奉試賦得照瞻鏡〈小野春郷〉「万象見明処。野魅山精不身」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「七宝散りうせて、珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽ちて、既に頽廃空虚の叢と成るべきを」 〔荘子‐天運〕
② 心が無の状態にあること。
※山谷詩集鈔(1647)七「一念不起、胸中空虚な処に、吉祥が出くるそ」
③ (━する) 建物や部屋などに人のいないこと。また、人を立ち去らせて、からにすること。
※読本・桜姫伝曙草紙(1805)二「其の空虚(クウキョ)をうかがひて奪はせたるなるべし」
④ 物事に実質的な内容や価値のないさま。また、充実感や張り合いがなく、むなしいさま。
※倫敦消息(1901)〈夏目漱石〉一「彼等が如何に浮華であるか、彼等が如何に空虚であるか」

うち‐ほら【空虚】

〘名〙 (「うちぼら」とも) 内部が空で広いこと。うつろ。うつ。
※観智院本名義抄(1241)「 大屋也 寛也 クチスボ ウチボラ」
※俳諧・幽蘭集(1799)「内洞のくぼかなるよりもるる月〈素堂〉 油単(ゆたん)をかくる蔦のもみぢ葉〈路通〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空虚」の解説

くう‐きょ【空虚】

[名・形動]
内部に何もないこと。また、そのさま。から。
「―なる嚢袋ふくろは直上に立つこと能わず」〈中村訳・西国立志編
実質的な内容や価値がないこと。むなしいこと。また、そのさま。「空虚な論」「空虚な生活」
[派生]くうきょさ[名]
[類語]空疎空漠空白から空っぽうつろブランク虚無空間スペース空き中天空洞がら空きがらんどううろ虚空もぬけの殻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「空虚」の解説

【空虚】くうきよ

内実がない。〔戦国策、一〕(張儀、説きて曰く)楚、富大の名りと雖も、其の實なり。其の卒衆(おほ)しと雖も、多言にして輕走、北(に)げ易くして、敢て堅戰せず。魏の兵、南面して伐たば、楚につこと(ひつ)せり。

字通「空」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の空虚の言及

【空間】より


【西欧的空間概念の系譜】
 古代ギリシア文化圏で注目すべき空間論はデモクリトス,それにプラトン,アリストテレスに見いだせよう。デモクリトスにおいては,空間は,完全な〈空虚mēon〉(すなわちいっさいの存在の否定)としてとらえられ,それはまた,存在としての原子(アトム)が運動するための余地であるとみなされた。古代ギリシアでは,こうした存在の否定としての空間概念はきわめて珍しく,事実プラトンもアリストテレスもデモクリトスへの激しい反感を隠していない。…

※「空虚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android