廃れる/頽れる(読み)スタレル

デジタル大辞泉の解説

すた・れる【廃れる/×頽れる】

[動ラ下一][文]すた・る[ラ下二]
使われなくなる。行われなくなる。通用しなくなる。すたる。「流行語は―・れるのも早い」「義理人情が―・れる」
盛んだったものが衰える。すたる。「町が―・れる」「商売が―・れる」
[補説]中世から四段活用の「すたる」も並び用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すたれる【廃れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 すた・る
広く行われていた物事が、時間の経過とともに行われなくなる。すたる。 「農村の行事も-・れた」 「流行語はすぐに-・れる」
栄えていたものが、衰える。 「炭鉱が閉山して街が-・れた」 「都ノ体近年ヨロヅ-・レハテタ/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android