貧窮(読み)びんぐう

精選版 日本国語大辞典「貧窮」の解説

びん‐ぐう【貧窮】

〘名〙 (形動) =ひんきゅう(貧窮)
古今著聞集(1254)一八「なによりも心にぞつくゐのこ餠ひんくうすなる物とおもへば」
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「(ビングウ)のこ、もろもろ聚落にあそひ」
[語誌]読みについて、「色葉字類抄」には「ヒンク」とある。中世の古辞書でビングウと読むのは「饅頭屋本節用集」「黒本本節用集」「運歩色葉集」など、ヒンキュウと読むのは「文明本節用集」「易林本節用集」「書言字考節用集」などである。なお、「日葡辞書」には両形とも掲載されている。このように三つの読みがあるが、今日ではビング、ビングウは仏経典の読みにとどまる。

ひん‐きゅう【貧窮】

〘名〙 (形動) 貧しくて生活に苦しむこと。貧乏で困ること。また、そのさま。貧困。貧苦。びんぐう。
※続日本紀‐和銅七年(714)二月辛卯「身苦貧窮、競為姧詐
※古活字本毛詩抄(17C前)一一「貧窮な者には食物をも財宝をもとらせて」 〔戦国策‐秦策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貧窮」の解説

ひん‐きゅう【貧窮】

[名](スル)貧しくて生活に苦しむこと。「を失って貧窮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android