尻窄まり(読み)シリスボマリ

デジタル大辞泉の解説

しり‐すぼまり【尻×窄まり】

[名・形動]
口の方が広く、底の方が小さくなっていること。また、そのもの。しりすぼり。しりすぼみ。「尻窄まりな(の)土器」
はじめの勢いが、終わりになるにしたがって衰えてくること。しりすぼみ。「人気が尻窄まりになる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しりすぼまり【尻窄まり】

終わりの方が、だんだん細く小さくなっている状態。 「 -の容器」
最初の勢いが、終わりに近づくにしたがってなくなってゆくこと。しりすぼみ。しりすぼり。 「騒動も-に終わる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android